商品管理に適した
5つの温度帯倉庫を実現

エコな工夫が盛り沢山

夏暑く冬寒い山形において、商品を保管する倉庫内の温度管理はとても重要です。
そこで「外気温に比べ寒暖の温度差が少ない土蔵の良さ」をイメージした倉庫を設備しております。

特徴① 
屋根と壁面に断熱材を使用し、さらに二重構造とすることで庫内温度の変動を少なくする

特徴② 
近くを流れる立谷川の豊富な地下水を利用し、その温度変化の少なさから、夏は風をあて冷風を送り、冬は床面に張り巡らせた配管に流し冷え
    込みを緩和(その後水は地中へ還流)

特徴③ 
防虫・防鼠のために、倉庫内は無窓、出入口は最小開口、防虫スピードシャッターを配備

特徴④ 
常温庫に加え、冷凍(‐18℃)、冷蔵(2℃)、低温(10℃)、保温庫(年間15℃以上)を完備
  • 倉庫内水冷送風機
  • 防虫スピードシャッター
  • 地下水をくみ上げるポンプ

健康企業宣言

従業員の健康を推進します

経営理念には、「社員とともに幸福を実現する」と謳ってあります。幸せに生きるためには、健康を第一とし、そのうえで元気に働き、学び、楽しむことが必要と考えます。2016年に協会けんぽ山形支部より「やまがた健康宣言事業所」として登録され、また一昨年・昨年に引き続き「健康経営優良法人2021」に認定されました。企業として健全な「健康体」を維持するのはもちろん、役職員一同病気・けが知らずの職場を目指します!
  • ラジオ体操
  • ストレッチ体操

ジョイフルチーム活動

小さな貢献活動から

社員教育・相互啓発の一環としてジョイフルチームによる小グループ活動を行っています。
清掃・イメージアップ・広報・親睦の4チームが、それぞれリーダーを中心に月別の活動目標を設定し取り組みます。
清掃チームは日々の清掃や定期的に行う大掃除、イメージアップチームは会社周辺の道路や側溝清掃、ごみ拾いや草刈り、草木花の世話などを、広報チームは社内報の作成、親睦チームは従業員同士の相互交流を図るため社員旅行や新年会や花見・芋煮会等を企画します。

市の一斉清掃や冬の雪かきなどは全員参加で行い小さなことでも出来ることから実践しております。
  • 社員集合写真
  • 定期的に行う大掃除
  • 旅行を通じて親睦を深める

「明るく元気な会社」を目指して

朝礼と終礼でけじめある毎日を

毎日の業務のスタートにあたり倫理法人会の推奨する全員参加の「活力朝礼」を実施します。
体を動かし、声を出し、社員一同元気いっぱい爽やかに取り組んでおります。

[ラジオ体操]
 暑い日も寒い日も、毎日朝礼前に、屋外の倉庫前下屋にて行う

[進行/スピーチ/リーダー]
 進行は週替わり、スピーチやリーダーはそれぞれ日替わりで担当

[笑顔・あいさつ・返事の実習]
 日替わりのリーダーを中心に全員で行う

[諸連絡]
 その日の予定や来客情報等を共有

[コメント発表]
 職場の教養を読み、リーダーが皆の前でコメントを発表
 そして1日の終わりには、全員が集まり終礼を行い、翌日への引き継ぎ事項等を確認の上終業します。

『 RINRI 17000 』認定証を授かる

一般社団法人倫理研究所は、こうした「活力朝礼」等の実践を通して純粋倫理に基づいた「倫理経営」を行っている企業に対して『RINRI17000』ライセンスを授けております。平成16年に創設されたこの制度のもと、弊社は平成20年に第103号の認定を受けております。